2008年03月15日

再開

お久方ぶりです。

先日、とりあえず退院は出来ました。
脳の一部が死んでしまった為、右半身に多少の障害は残りましたが、支障はあまりなさそうです。


コメントくださった方々、ありがとうございます。
リハビリをかねて再開いたします。


○現状というか雑記

 右半身麻痺及び言語障害の原因はやっぱり脳梗塞でした。
 MRIで画像を見せてもらいましたが左脳へ行く頸動脈が一部かなり
 細くなっていて、よく致命的な障害が残らなかったと思わず何かに
 感謝してしまいました。

 歩いたり喋ったり物を掴んだり一見障害が無さそうに見えましたが、
 初日に病院で出された食事を食べようと箸を持ったらまともに持つ
 ことが出来ず結構ショックを受けました。
 
 その後の先生のお話ですと指等を連携して動かす部分で壊死が起きて
 いるそうで、壊死部分は小さい為、いずれは以前と同程度には戻るとの
 事でした。

 7日にケータイからブログの記事を書き込みましたが、あの程度の文章を
 入力するのに1時間以上かかってしまいました。

 流石にまずいと思い1週間ばかり右手ばかり使って色々と練習をしてみましたら、
 以前ほどでは有りませんがあまり問題のないレベルまで動く様には
 なりました。

 病院への搬送途中、会話等が出来る様になった際に私が一番最初に
 したことは、友人に完全な右半身麻痺になり喋ることも
 出来なくなったなら、最悪死亡したら、
 「物の処理を頼む」と電話をかけることでした。

 人間生死が掛かっている時には、本性が出ますね全く。
 自分が死んだり不随に成る事より、今まで集めた本やデータが処分される事の方が怖かったです。
 いくら私にとっては長年かけて収集してきた物でも解らない人には
 ただの古ぼけた古本やデータですからね。
 捨てられる位なら解る人にタダでも構わない引き取ってもらいたいと
 心から思いました。

 
posted by zen at 20:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思った以上に重いご病気だったようで、改めてお見舞い申し上げます。
ご無理なさらずに、くれぐれもご養生ください。

>物の処理
私は逆に、HDDだけは見ないで地獄の業火に捨てていただきたいと思ってます・・・。
ダイオキシン発生するから駄目といわれても、火葬場で一緒に燃やしてほしいw

HDDの中身と、kakikomi.txtを見られると思うと、地獄からでも這い上がってこられそうです。gkbr
Posted by 福島の人 at 2008年03月15日 23:06
福島の人さん
いつもありがとうございます。

やはり完全な半身不随状態から自力で回復できた原因は、捨てられてたまるかと見られてたまるかという気持ちかも知れません。

死亡時や寝たきり等になったら速やかにHDD等を処分してくれるサービスが有ったら、月1万ぐらいだったら入ってしまいそうです。

Posted by zen at 2008年03月15日 23:30
一応、復帰されたようで。おめでとうございます。

>死亡時や寝たきり等になったら速やかにHDD等を処分してくれるサービスが有ったら、月1万ぐらいだったら入ってしまいそうです。
復帰したばかりでこういう事を言うのもアレですが、弁護士を置いた上で一筆残して(つまり遺言ですね)有事の際にはそれなりの業者に引き渡した上、処分されるように手筈を整えてはどうでしょう。相談やら書き換えやらで出費があるにしても月極で支払い続ける必要はありませんし、一回で1万もかからないと思います(弁護士によって違います)。ただ、家族に裁判を起こされて執行されないこともありますが。そういうことをするご家族をお持ちかどうかは存じませんけども。

それはともかく、お大事に。
ゆっくりリハビリなさって下さい。
Posted by at 2008年03月16日 19:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。